社長ダイアリー

蓄熱暖房機

2014/02/28(金) 未分類
我々FPグループの仲間から「蓄暖を使っているお客様から前年度に比べると


電気代が大幅に上がったと連絡がありましたが皆さんの所はどうでしょう」と


連絡がありました


オール電化住宅で夜間の安い深夜電力を使ってレンガを温めて昼間はその輻射熱を


ファンを使って吹き出す仕組みの暖房器具です


光熱費が安くつくと弊社でもお奨めしてきました


電気料金が昨年より上がっていますがそれだけでしょうか


今年の冬が寒かったからでしょうか・・・


そこで、関西電力の弊社担当の方にお聞きしましたところ


早速、光熱費と環境性シュミレーション結果を持ってきていただきました


蓄暖VSガスファンヒーター、蓄暖VSエアコン(オール電化住宅)の二通りです


標準的な4人家族36坪の戸建で試算した所


蓄暖を使ったオール電化とガスファンヒーターを使用した住宅と比べると


年間で光熱費¥59,883蓄暖を使った住宅の方が安くつきました


次に蓄暖とエアコンを比べると


年間で光熱費¥22,818エアコンを使った住宅の方が安くつくと言う結果になりました


エアコンは高効率型で試算されています


結果を見ると確かにオール電化住宅には蓄暖がお奨めですが


やはり最近の一次エネルギー削減の観点から言えば


CO2排出量が多い蓄暖よりエアコンになります


勿論これらの数字はQ値1.90と言うFPの家標準住宅での試算です


詳しくご自宅の事をお聞きしたい時は関西電力さんにご連絡下さい




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ