社長ダイアリー

倒壊せずに残ったFPの家

2016/05/18(水) 未分類
大阪支部会があり、冒頭事務局より熊本地震について話がありました


一番被害が大きかった益城町で唯一FPの家が1棟あって


地震前のストリートビュー映像と地震後の同じアングルから撮った写真を見ました


廻りの家の1階が殆ど潰れている状況でしたが


2階建てのFPの家は崩れる事無く原形をとどめていました


でも、玄関ドアには立ち入り禁止の赤紙が貼られていました


と言うのも建物には被害が無かったのですが、裏の擁壁が崩れ基礎の一部が


露わになっているからです


隣地との高低差があり高台にあるこの家が余震等で傾く可能性があるからとの事でした


いずれにしろ倒壊しなかったと言う事は命を守る家だったのです


この写真を見せられないのが残念ですが


東日本大震災の津波にも耐えたFPの家、熊本地震でも倒壊せずに残ったFPの家


断熱パネルを柱と柱に取付けるこの工法の強さを改めて認識しました




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ