社長ダイアリー

ZEH住宅研究会

2016/10/11(火) 未分類
3回シリーズの最終回が今日行われました


今回は、前回計算した自社標準仕様住宅の外皮計算書を元に


ZEH仕様を作ると言う事でした


断熱性能等級3(省エネ法H4年基準)と


一次エネルギー消費量等級4(省エネ法H25年基準)


それと今回作ったZEH仕様との比較表を作り


お客様提案書と比較資金計画書を作ると言うのが最終課題でした


それを最後に各社発表しました


各社それぞれの断熱材を使った計算でしたが外皮平均熱貫流率UA値は


ウレタン断熱パネルを使ったFP工法の家が一番数値が低かったです


後は、どの様な設備を使うかによって最終の一次エネルギー消費量が変わってきます


最後に、その一次エネルギー消費量から光熱費を算出しお客様向けに比較資金計画書


を作成しました


初期コストは上がりますが最終的な生涯コストは下がるのが他の仕様と比べると


一目瞭然に解ります


お客様には非常に解り易い物です


ZEH補助金の公募採択情報によると太陽光を除く削減率が40%以上


UA値が0.46とハードルが高く、今回の3回の研修で如何すれば良いか解りました




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ