社長ダイアリー

YKKセミナー

2014/02/04(火) 未分類
昨年11月にオープンしたYKKショウルームP-STAGEの内覧会と


セミナーが本町でありました


セミナーの講師はパッシブハウス・ジャパン理事の松尾さんで


「健康で快適な省エネ住宅は『窓』が決める」と言う題でした


今非常に人気のある講師とあって定員180名の予定が250名になったと


弊社担当の営業の方が言っていました


日本は世界的に見ても窓に関しての意識が低いと言う事です


「温かい家は贅沢」と言う考え方があり


室温が10℃以下の家が沢山あり家庭内において脳・心疾患で亡くなる方が多いと


最近新築住宅に住んだ方に家の不満を挙げて下さいとアンケートを取った所


3位が結露、2位寒い、1位暑いとの結果と言う事です


それらは皆窓に関連している事で


その性能を上げる事により大分解消される


勿論それだけでなく断熱性能を上げている事が大前提ですと


窓に関しては、オール樹脂サッシまたは木製トリプルガラスが理想で


YKKさんが今度出したAPW430がU値0.91w/㎡・kで日本の最高基準と


なっていますがドイツではそれが最低基準です


それでも日本も意識が高まってきているのは良い事で他のメーカーさんも


検討しているとの事でした


ただ、良いのは解るけど大阪市内の防火地域では使えないから


外はアルミで室内側が樹脂の複合サッシを今まで使っていたのにと


セミナーが終わってから営業担当者に話をしたら


防火対応のオール樹脂サッシを申請中でいずれその商品が出てきますと言う情報を


貰いました


一日も早く出て来る事を期待しています




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ