社長ダイアリー

認定低炭素住宅

2014/07/14(月) 未分類
懇意にして貰っている住宅保険法人の方から


最近認定低炭素住宅の問合せが増えてきていると聞きました


そこで改めて認定低炭素住宅とはを説明します


1、省エネルギー性に関する基準

平成25年10月1日施工の改正省エネ基準に比べ一次エネルギー消費量
(家電等のエネルギー消費量を除く)が△10%以上となること

2、その他低炭素化に資する措置に関する基準

①~⑧の低炭素化に資する措置等のうち、2つ以上を講じている事

①節水につながる機器の設置
②雨水、井水又は雑排水利用
③HEMSまたはBEMSの設置
④太陽光等(蓄電池含む)
⑤ヒートアイランド対策
⑥住宅の劣化対策(劣化対策等級3)
⑦木造住宅
⑧高炉セメント等の利用


認定低炭素住宅のメリット

1、税制など様々な優遇措置が受けられます

住宅ローン減税、投資型減税、登録免許税の軽減、フラット35Sでの金利優遇

2、光熱費を含めたメリット

借入金3,000万円、返済期間35年、120㎡の住宅
低炭素住宅にすると20年間で約135万円得になります


以上詳しくお知りになりたい方はご連絡下さい




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ