社長ダイアリー

松竹梅の欄間

2016/05/12(木) 未分類
築41年のお客様邸の建具を交換に行って来ました


8帖、6帖、6帖の続き間のある和室の縁側と廊下に出る硝子障子を


アコーディオンカーテンに取替えました


と言うのも現在この家には誰も住んでいなく


隣に住んでいるお嫁さんがこの和室で書道教室をされていて


生徒が墨をこぼしたり飛ばしたりするので簡単な物にして欲しいとの御要望で


使い勝手の良いアコーディオンカーテンになりました


今時の考えなのでしょうが折角の和室が勿体無いと密かに思っています


続き間なのでそれぞれに欄間があります


松竹梅の欄間と、松に鶴と言った縁起物です


おそらく先代が選んだものと思います


和室の続き間が殆どと言っていい位、今の住宅は無くなってきていますが


こう言う欄間を彫る匠も少なくなっていくのでしょうね




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ