社長ダイアリー

認定低炭素建築物認定制度について打合せ

2015/08/06(木) 未分類
低炭素住宅に認定されると


長期優良住宅と同じくローン減税が最大500万まで控除されたり


登記費用が引下げられます


それの申請方法についてハウスプラスの代理店の方に説明を受けました


長期優良住宅と申請図書並びに計算書は同じですが


唯一違うのが一次エネルギー消費量の計算書が必要な事とそれに基づく


空調設備、照明設備、給湯設備、換気設備などの機器表が必要になります


低炭素住宅は、一次エネルギー消費量が省エネ基準に比べて


マイナス10%以下でなければなりません


もちろん断熱性能は省エネ基準と同等以上確保されている事が必須です


早速、一次エネルギー消費量を計算してみます




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ