社長ダイアリー

「おかえりなさい 気を付けて」

2015/12/08(火) 未分類
近畿大学建築学部教授の岩前先生のセミナーで話された言葉です


昔は、「いってらっしゃい気を付けて」だったのが今は・・・


今は、交通事故死亡数より家庭内事故が増えていると言う事です


低温による死亡者数が年間12万人


特に冬に多くの人が亡くなっています


ちなみに今年度熱中症で亡くなった方は105人でした


それらの原因は家の中の温度差が深く関係しているとの事


特に、高齢者の方の場合、冬場のトイレや浴室、洗面脱衣所での急激な温度変化が


身体へのストレスとなり、血圧の急上昇が負担となり


心筋梗塞や脳梗塞などの原因になっています


また、それらにより転倒や浴室内での溺死という事故を引き起こします


病気も事故も家の中の温度差が深く関係しています


アメリカやヨーロッパでは室温規程がある位です


日本は遅れているので兎に角、外壁断熱率を上げて下さいとのことでした


セミナー後、何度もお会いしているので挨拶に行き


関西の温熱環境の認識は高まりましたかと聞くと


「一般ユーザーの方の認識はまだまだ最低ですね


でもこうやって多くの工務店の方が5年前に比べると熱心になってきているので


そちらからもっとアプローチして下さい」と言われました




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ