社長ダイアリー

断熱材の仕様決め

2013/10/16(水) 未分類
長期優良住宅の認定を申請するに当たり


断熱材の仕様と構造検討をサポート会社の方とおこないました


現設計図面からのグレードアップです


当然、耐震等級1から2にする事と省エネルギー等級を4にする必要があります


省エネルギー等級については


現設計が24Kの厚み50のグラスウールとなっていますが


基準に満たない為厚みを変えるか違う商品にする必要があります


そこでFPパネル同様、硬質ウレタンフォームの厚み55を使う事になりました


熱伝導率がグラスウール0.038W/mkに対し硬質ウレタンは0.024W/mkです


その数値と必要な熱抵抗値2.2を掛けると厚みが出ます


それを床と壁に使用し、屋根は高性能グラスウール厚み100を使用する事になりました




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ