社長ダイアリー

Forward to 1985 energy life

2013/11/08(金) 未分類
秋の大集会が神戸朝日ホールで行なわれ参加してきました

今回で3回目で代表理事の野池さんからお誘いを受けました

約400名の方が参加されていると言う事でした

そもそも「Forward to 1985 energy life」とは何かと言えば

2030年頃までにすべての家庭の電力消費量と総合エネルギー消費量

(電気・ガス・灯油の合計)をいまの半分にする活動です


なぜ1985年なのかと言えば

原発がもしなかったとしてもその頃の電力消費量を考えれば

何とかやっていけたと言う年代なのです

原発の発電量と家庭全体の電力消費量とほぼ同じと言われています

だから、家庭の電力消費量を減らす分だけ原発が要らなくなるのです

まず家庭の電力消費量を半分にし、後は工場、オフィスや商業ビル等で減らせば

小さなエネルギーで豊かに暮らせると言う事です

先達て関西電力さんにわが家の省エネ診断をして貰い省エネ機器の見直しで

電力消費量が下がるのが解りましたが

今回のアクションプログラムを聞き、暮らし方や住まいの知恵でも

工夫すれば下がる事が解りました

皆さんもアクションナビに登録して今のご家庭の消費量を把握して下さい

そして、その半分の消費量を目指しましょう




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ