社長ダイアリー

売電せずに自家消費

2014/11/21(金) 未分類
グリッドパリティーと言う言葉を御存じでしょうか


それは、再生可能エネルギーのコスト力が電力料金と同等になった点を言います


例えば、4.55kwの太陽光設備を搭載した場合


1kw当り購入・設置コストを2013年度の業界平均41万5千円とし


維持費は、利用期間中にパワーコンディショナーを1回交換し20万を計上し


それらの合計208万円を総発電量が20年間とした場合9万7734kwになり


割ると1kw当りの発電コストが21円になります


パネル価格の下落と電気料金26円の上昇で太陽光発電コストの方が安くなりました


ただ、1kw37円の買い取り価格は引下げられます


グリッドパリティーに到達すると


作った電力の自家消費にメリットが生まれます


自家消費には発電した電力を貯める蓄電池が欠かせませんが


まだまだ購入価格が高いです


太陽光同様に各社コストダウンに努めて欲しいです




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ