社長ダイアリー

パワースポット

2016/02/25(木) 未分類
会議終了後、帰りの飛行機まで時間があったので


明治神宮御苑に行って来ました


江戸時代初期熊本藩主加藤清正、のちに彦根藩主井伊直孝の下屋敷の庭園でした


それが、明治時代に宮内庁管轄となりました


入場して初めに見えてくるのが隔雲亭です


明治天皇が皇后様のために建てられたものが、戦災により焼失したものを再建した建物です


縁側から見る南池は綺麗でしょうね


それにしても縁側の1枚の硝子障子の幅が広く3間で4枚でした


その奥に菖蒲田があり一番奥にパワースポットと言われている清正井があります


風水の力が得られると噂されているところです


この井戸が富士山と地下で繋がっている横井戸で風水でいう「龍脈」にあるからです


その「龍脈」からの気が地表に吹き出すポイントが「龍穴」だとされています


一時期、テレビ等で放送され2時間待ちの列が出来た事もあるそうですが


今日は並ばずに見れました


日本人は飽きやすいのか他の客は韓国か中国人でした


本当に綺麗な水面で湧き出す水を見ているとなんか落ち着いてきます


これで運気も上がります様に




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ