社長ダイアリー

消費者の住宅取得意識

2016/06/10(金) 未分類
消費税の10%増税が2019年10月まで再延期となりましたが


その前に「これから(平成28年4月~29年3月)1年以内は住宅の買い時と思いますか」


とのアンケートを取った住宅市場動向調査の結果を見てみると


62%の方が買い時と考えていて


その1位は、当然消費税率が引き上げられるからが74%で


2位は、住宅ローン金利が低いからが66%と続きます


あと、様々な政策(すまい給付金、住宅取得に係る贈与税非課税措置、住宅ローン減税等)


が実施されているからです


同時に、消費者にアドバイスする立場のファイナンシャルプランナーがみる住宅取得環境


を聞いたところ、現在が買い時とみる方が70%弱になっていました


理由としては、住宅ローン金利の低水準が1位でした


5月の最安値から今月は少し上がりましたが何れにせよ低水準には間違いありません


マイナス金利のお蔭でしょうが経済情勢を考えても暫くは低金利が続くのでしょうね


「買い時」と思いますよ




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ