社長ダイアリー

住まいの暖かさと健康維持の関係

2014/11/14(金) 未分類
一般財団法人ベターリビングサステナブル居住研究センターが


平成23年より住まいの暖かさと健康維持の関係について研究をし


その研究結果を発表しました


内容は、高齢者に実証実験を実施し、実際に高齢者が暮らす住宅を断熱改修し


改修前後で血圧の測定及び健康や温度感覚に関するアンケートを行いました


結果は、居室内を暖かく保つことで


起床から就寝までの血圧変動が少なくなる事が分かりました


ベターリビングの「人は住まいとともに生きる」リーフレットを是非ご覧ください


断熱性の高い住宅が重要だと分かります




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ