社長ダイアリー

大阪市の補助金決定

2014/03/27(木) 未分類
昨年11月25日に施行された


建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律


これにより病院、店舗等の不特定多数の者が利用する建築物の耐震診断の義務化


耐震診断結果の公表が決まりました


それに対する耐震診断・補強設計・耐震改修に国が費用の一部を補助する事になりました


その時点では、大阪市に併せて補助する事業が無かったのですが


以前から問い合わせをしていた大阪市都市整備局防災・耐震化計画課の方から打合せをしたいと


お電話を頂き今日、大阪市役所に行って来ました


大阪市でも平成26年度から耐震診断が義務化された建築物の耐震診断費用の一部を


補助する事が決まったと言う事でした


補助率がその費用の2/3以内(面積当たりの上限あり)で限度額が650万円


ただ、同じ敷地内に幾つも棟があり独立している物それぞれが昭和56年5月31日


以前の階数3以上5,000㎡以上の床面積が対象と言う事でした


今迄は同じ敷地内で新耐震以前の建物の床面積合計だと思っていました


この病院は増築増築を重ねていて渡り廊下とかエキスパンジョイントで繋がっている


複雑な病院なので結構ややこしく旧と新の耐震基準が混在しています


なのでこの病院がこの規定に掛るか微妙な数字なので


もう一度面積を確認してから再度打合せをする事になりました




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ