社長ダイアリー

スケルトンリフォーム中

2017/04/15(土) 未分類
柱と梁を一部残してのスケルトンリフォーム


基礎も補強をし、古い柱に新しい柱を抱かして金物で補強する工事


新築する位の金額が掛りますが


なぜ敢えてこのような工事になったかと言うと


元々2戸一の建物を半分遣り替えるからです


勿論建てた時の思い入れもあるそうですが、何より隣との連結している梁を


切断したくないからです


兄弟で住まわれていて、もし切って地震の時に倒れたらいけないと言う心配から


気を使われてこの様な事になりました


手間も掛りますがお互いに強い家になります


また、断熱改修も同時に行っています


壁にウレタンフォームを入れ、天井はブローイング厚み30cm吹き込みます


写真はその下地として天井にビニールを取付ている所です




記事一覧

1ページ (全226ページ中)

ページトップへ