大阪 新築 一戸建て 池田邦工務店
  • tel:06-6760-0555
  • お問い合わせ
  • 資料請求

パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー 家族を守る地震に強い家

き

っかけは、社内研修で淡路島の『北淡震災記念館』を訪れたことでした。館内を見学する中で、忘れていた記憶が蘇ってきました。それはニュースで目にした、母親が潰れた家の下敷きになってしまい、それをただ呆然と見守るしかない2人の息子の映像。本当に悲しい映像でした。

この施設では、活断層の真横でもほとんど壊れなかった家を公開しており、当時の様子を再現しています。また、実際に震度7を体感することもできます。ここでの体験が、私たちの「家族を守る家を造らなければならない」「地震に強い家を造らなければならない」、という思いを改めて強めました。

「地震に強い家」を謳う工法はたくさんありますが、パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーは、1棟1棟構造計算をし、その強度を保証します。パナソニック電工の技術力と提案力で、お客様に安心の家づくりをお届け致します。

テクノストラクチャーの地震に強い理由

強い理由1 鉄と木の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーは、家を支える大切な梁に鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、木造住宅の耐震性を高めています。
「テクノビーム」の芯材となる軽量H型鋼には、溶融亜鉛めっき処理を施しています。

住宅性能表示制度における劣化対策等級3の基準をクリア
強い理由2 高強度接合部

高強度な住宅を実現するオリジナル接続金具を使用。集成材柱と「テクノビーム」を接合する「ドリフトピン接合」は、一般的な在来木造の接合部の約3倍の強度です。

標準仕様で住宅性能表示制度における耐震等級2の基準をクリア
テクノビームの構造

強い理由3 法律を上回る基準で、綿密に構造計算を実施

テクノストラクチャーは、在来木造住宅ではほとんど行われていないコンピュータによる”自動躯体設計システム”で、1棟1棟構造計算を実施。全8段階388項目で綿密にチェックし、全てにクリアした住宅だけが建設されます。

全8段階388項目におよぶチェックを実施

強い理由4 耐震性能を支える構造部材を、工場生産により、1棟1棟ごとに邸別生産

強い理由5 安定した施工体制。研修を終了した契約店のみが施工・販売

実大振動実験で震度7をクリア

テクノストラクチャーによる住宅は、阪神大震災クラス(震度7相当)の揺れを、5回にわたって加える振動実験もクリア。激震に耐えうる高い構造強度が実証されています。

パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー
  • お問い合わせ
  • 資料請求