大阪 新築 一戸建て 池田邦工務店
  • tel:06-6760-0555
  • お問い合わせ
  • 資料請求

インフォメーション

  • 電磁波について
  • お金の話
  • 土地の話
  • 家づくりの流れ

電磁波について

電磁波って?

電磁波とは、「電場(電界)」と「磁場(磁界)」という性質の異なったものが交互に発生している電気の流れのことです。

「電磁波」は、目に見えない得体の知れないもので、恐怖感を抱かれるかもしれませんが、その影響から身体を守るには、実は発生源から離れるだけで良いのです。

ところが、"生活の場"である家から発生する電磁波に関しては、距離を保つことは不可能です。

化学物質が過敏症を引き起こしてしまったように、電気をたくさん使う生活が住まいの電磁波を過剰にしてしまい、安らぎの場であるはずの住まいに安心して暮らすことが出来ない方が増えています。

この、住まいにおける電磁波リスクに対して、電磁波先進国といわれるスウェーデンでは既に基準値が設けられていますが、わが国の基準値の対象は今のところ送電線が主な対象となっており、住まいに関しては基準値がないのが現状です。

建物における電磁波の発生源は、ほとんどが屋内配線です。

屋内配線

屋内配線のイメージを図式化したものです。電気配線は室内の壁の中を縦横無尽に張り巡らされています。

パソコン、電子レンジ、その他の家電製品をアースすることは可能ですが、建物における電磁波の発生源は他にもあります。それは、屋内配線から発生する電磁波です。屋内配線は、この20年間で約5倍〜6倍に膨れ上がっています。例えば、木造二階建ての住宅では、以前は150m程度でよかった配線を、今は1,000m以上も使っています。今や私たちは、電気コードのケージの中で生活しているようなものなのです。そして、建物によって異なりますが、屋内配線から発生する電磁波が、床や壁に帯電していることが多いのです。

オールアース住宅

今の暮らしの便利さはそのままで、余分なものだけを取り除くことができたら─そんな想いから生まれたのが、『オールアース住宅』です。

地面に打ち込んだ金属棒を通して、電気の逃げ道を作ってあげることを「接地(アース)」と言います。

『オールアース住宅』は、屋内配線からの電磁波(電場)※をアースすることにより、過剰な電気による影響を心配しなくてよい、心身ともに健康な住まいづくりをお手伝いします。

※屋内配線からは、磁場は発生しません。

池田邦工務店には、電磁波測定士がいます。

池田邦工務店には、お住まいの電磁波の測定と対策の提案ができる、電磁波測定士がいます。電磁波の測定から、オールアース住宅のご提案まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

電磁波測定士

詳しくは、国内で唯一、電磁波と住環境について真剣に取り組んでいる、株式会社レジナのホームページをご覧下さい。

  • お問い合わせ
  • 資料請求