大阪 新築 一戸建て 池田邦工務店
  • tel:06-6760-0555
  • お問い合わせ
  • 資料請求

高気密高断熱の注文住宅 池田邦工務店とFPの家の物語

  • プロローグ 私たちの宝物
  • 気づき
  • 性能1.高断熱の家
  • 性能2.高気密の家
  • 性能3.計画換気
  • 結論は結露
  • 乾燥の勘違い
  • エピローグ 我が家の価値

乾燥の勘違い

「乾燥するね。」FPの家に住まわれたお客様からよくお聞きする一言です。
「うん、うん」と私たちは頷きます。

えっ?乾燥は、お肌の大敵、故に、女性の敵、ですって?

ちょっ、ちょっと待ってください!だって、FPの家は結露したくない家なんです。
だから乾燥しよう、乾燥しよう、と日夜がんばって機能しているのに・・・。

FPの家人間にとって、50〜60%の湿度が丁度いいと言われます。
ウィルスが一番生存しづらい数字だそうです。ただ、この数字は日本人にとって 「少し乾燥している」と感じる数字でもあるようです。
ですから、冒頭の「乾燥するね。」
でも、湿度とは慣れるものってご存知ですか。
その湿度に慣れてしまうとすごくそれが心地いい。今まで慣れていた湿度が、ベストであった保証はどこにもありません。

ヨーロッパの内陸部はとても乾燥していますが、短期滞在した時に「乾燥して嫌だ」と感じる人は少ないでしょう。
蒸し暑い日本の夏は逃げ出したくなっても、カラッと暑い夏が大好きな人は多いでしょう。
梅雨時、冷房ボタンではなく、除湿ボタンだけでも十分気持ちいいと感じる人は多いでしょう。

そう、FPの家は気持ちいいんです。

だから、加湿器はやめてくださいってお願いするぐらいです。
せっかく家が結露しない、いい状態にもっていこうとしているのですから。
そう、乾燥するから結露しないんです。

健康的な湿度の範囲は、40〜60%

相対湿度

  • お問い合わせ
  • 資料請求